*

物流管理工学

流通情報工学科 2年次 前学期 水 3限 2103教室
必修2単位

黒川久幸*


*過去の講義:2010年度以前*学習支援システム:統合ポータルシステム


* 連絡事項


* 講義の概要

爆発的な人気商品を製造・販売していても、商品が売れなくなったときに大量の在庫を抱えていては、大幅な赤字となってしまいます。つまり、企業の経営から見れば在庫マネジメントの善し悪しが、業績を左右するといえます。
そこで在庫マネジメントの基本である、何を(商品)、何時(発注時期)、どれだけ(発注量)発注すればよいか、この決定方法について学びます。

* 講義の進め方

日付内容
第1講(4/12)
経営における在庫マネジメントの重要性

在庫の定義
決算書の見方
企業利益に与える在庫の影響
企業の業績を表す決算書から利益と在庫の関係について紹介します。そして、この関係から在庫マネジメントが、企業の経営と密接に関係していることを学びます。
---資料---
配付資料01-1
参考資料01-a(物流やロジスティクスのおさらい)
---宿題---
学習支援システムから講義の感想を提出するとともに、次回の講義に企業の財務データを印刷して持ってきて下さい。
第2講(4/19)
在庫マネジメントの「めあて」と評価方法

在庫回転率
競争戦略と在庫マネジメント
評価の注意点
在庫が企業の経営の善し悪しを大きく左右します。そこで、ここではその善し悪しを評価する方法について学びます。また、企業比較から評価で用いる在庫回転率の使用上の注意点を学びます。
また、企業の競争戦略と在庫マネジメントとの関係から在庫マネジメントの目指す「めあて」についても考えます。
---資料---
配付資料02-1
---宿題---
3社以上、講義中に説明した財務データを分析し、その結果と比較から分かったことをまとめなさい。
第3講(4/26)
第4講(5/10)
在庫の基本的役割

購買意欲の刺激
発注費用の削減
生産費用の削減
在庫を持つことは、企業経営からすると悪でしょうか?
在庫の役割に関する解説から、無在庫が経営にとって必ずしも最適の状態ではないことを学びます。
そして、在庫のマネジメントとは、何かについて考えます。
---資料---
配付資料03-1
配付資料03-2
---宿題---
在庫の役割「需給の適合」で分析した例をもとに、粗利(販売単価−仕入単価)が変化した場合の期首在庫量と利益の関係を調べ、利益が最大となる期首在庫量の値の違いについて考察しなさい。
第5講(5/24)
第6講(5/31)
顧客サービスの決定方法

安全在庫と欠品率
顧客サービスと経費の関係
意思決定の中でも顧客サービスに関する決定は、直接、企業の収益に影響するためとても重要です。ここでは、この顧客サービスを満たすための安全在庫の設定方法と顧客サービスの決定方法について学びます。
---資料---
配付資料04-1
---宿題---
発注・納品時間を下記のように変更した場合に、在庫にどの様な影響を与えるか考察しなさい。なお、1日1回発注、1回納品とする。
(従来方式)当日10時発注、当日15時納品,(新方式)前日11時発注、当日14時納品
第7講(6/7)
発注量の最適化

経済発注量
在庫量をコントロールするための重要な意思決定の一つが、発注量の決定です。ここでは、この発注量の決定方法からロジスティクスにおいて重要な全体最適の視点を学びます。
また、理論式から多頻度小口化の理由について考察します。
---資料---
配付資料05-1
第8講(6/14)
第9講(6/21)
発注方式

二棚法
補充点法
発注点法
定期発注法
サービス点法
基礎的な知識として学んでおくべき、発注方式について解説します。二棚法などは身近なところでも行っている方法で、よく見かけます。それぞれの特徴を理解し、実施上の注意点を確認しておいて下さい。
---資料---
配付資料06-1
配付資料06-2(Excelファイル)
---宿題---
講義で学んだ発注方式が、家庭やアルバイト先で使用されている事例を紹介しなさい。
第10講(6/28)
第11講(7/5)
第12講(7/12)
需要予測

指数平滑法
回帰分析
未来が分かれば、最適な行動を取ることが出来ます。ここでは、過去のデータから未来を予測する方法を学びます。
そして、需要予測を例にPDCAサイクルを回すために必要なスキルや注意すべきポイントについて解説します。(※PDCAについては今年度は省略します。)
---資料---
配付資料07-1
配付資料07-2(Excelファイル)
---宿題---
配布資料07-2の売上データをもとに、データ分析の結果から分かった売上の特徴をまとめなさい。
第13講(8/30)
在庫マネジメントにおける様々な分析方法

ABC分析
在庫回転率
経営資源(人・モノ・カネ)は有限です。したがって、全ての商品を管理できない場合は、管理すべき商品を限定する必要があります。このための分析方法を学びます。また、分析結果から商品毎に具体的に取り組むべき課題を検討します。
---資料---
配付資料08-1
配付資料08-2
第14講(9/6)
おわりに

在庫マネジメントのまとめ
講義全体の復習をします。
今までの講義資料を持ってきて下さい。
-月-日(水)
3限・2103教室
定期試験
電卓及び正規分布表を持ってきて下さい。配付した講義資料及びノートの持ち込みを許可します。
試験中の資料・電卓等の貸し借りは、不正行為と見なします。
-月-日(水)
3限・2103教室
補講
講義資料、電卓及び正規分布表を持ってきて下さい。

* 教科書等:指定図書、参考図書、参考URLなど

指定する教科書はない。必要な資料は、授業開始時に配布する。
参考図書としては、下記のような図書がある。
水野幸男:在庫管理入門、日科技連、1989年(ISBN4-8171-5309-1)
阿保栄司:流通在庫管理入門、同文舘、1977年
勝呂隆男:適正在庫の考え方・求め方、日刊工業新聞社、2003年(ISBN4-526-05178-0)
また、専門用語の辞典として下記のような辞典がある。
日本ロジスティクスシステム協会:基本ロジスティクス用語辞典、白桃書房、2009年(ISBN978-4-561-74182-4)
日通総合研究所:物流用語辞典、日本経済新聞社、1992年(ISBN4-532-01239-2)

* 評価について:評価方法・基準など

授業態度(質問,発表等)を1割、レポートを2割、定期試験の成績を7割として総合評価する。

* その他:特に留意する事項など

分析方法等の理解を深めるために計算問題を解きます。電卓,もしくは計算機を持参して下さい。

* オフィスアワー

「教員室」:第4実験棟2階
「曜日・時間」:水曜日及び木曜日の1時限目
これ以外の時間でも質問を受け付けます。なお、会議のために不在の時もありますので、できる限り電子メール等で予約を取って下さい。
「電子メールアドレス」:黒川久幸*