流通情報工学実験

授業科目流通情報工学実験担当教員黒川久幸
対象学科流通情報工学科単位1単位(必修)
開設時期2年次 後学期曜日水曜日
開設時限4-5時限教室第3実験棟1階(101号室)

cow_fence.gif 41x512 7.29KB

ch_a001.gif 32x32 1.72KB 講義資料

ch_a028.gif 12x14 0.38KB 実験風景
ch_a033.gif 12x14 0.31KB 2017年度(前半:, 後半:)
ch_a033.gif 12x14 0.31KB 2016年度(前半:, 後半:)
ch_a033.gif 12x14 0.31KB 2015年度(前半:, 後半:)
ch_a033.gif 12x14 0.31KB 2014年度(前半:, 後半:)
ch_a033.gif 12x14 0.31KB 2013年度(前半:, 後半:)

tr_lin4.gif 25x478 2.92KB

ch_a003.gif 32x32 1.49KB 連絡事項

* 特になし。

tr_lin4.gif 25x478 2.92KB

ch_a008.gif 32x32 0.78KB 講義内容

ch_a028.gif 12x14 0.38KB 実験題目
物流作業における作業者特性の把握

ch_a028.gif 12x14 0.38KB 講義の目的
1.実験における一連の手順を修得する。
2.実験の立案方法や結果の分析方法などについて、基礎となる手法や考え方を修得する。
3.コミュニケーションやプレゼンテーションにおける基礎技術を身に付ける。

ch_a028.gif 12x14 0.38KB 実験の概要
この講義では、テーマの決定から実験、そして実験結果の分析及び発表を行なう。
図1は、台車を用いてケースを運び棚に収納する場合の実験を示したものである。実際の実験では、グループ毎に決定したテーマに従い、ケースの積み・降ろし、運搬といった物流作業の実験を行なう。そして、貨物の重さや棚板の高さなどの要因が物流作業の作業時間等にどのように影響するのか検討を行う。

図1 実験の概要
図1 実験の概要

ch_a028.gif 12x14 0.38KB 授業計画

10月11日12月6日第1回 実験の概要
実験内容の検討
レポート用紙,筆記用具(随時)
10月18日12月13日第2回 予備実験
実験方案の修正・完成
実験方案(案)
作業服,安全靴,記録用紙等
10月25日12月20日第3回 実験 [G]実験方案の提出
作業服,安全靴,記録用紙等
11月1日1月10日第4回 実験結果の分析 [G]実験結果の提出
実験方案,計算機,電卓等
11月8日1月17日第5回 レポートの書き方,追加分析
発表準備
実験レポート(案)
実験方案,実験結果,計算機等
11月15日1月24日第6回 発表準備 発表用資料(案)
実験レポート,計算機等
11月29日1月31日第7回 発表 [G]発表資料の提出
実験レポート等
12月8日2月9日. .[P]実験レポートの提出

ch_a028.gif 12x14 0.38KB 履修に当たっての注意事項
全出席かつ全レポートの提出が単位取得の条件である。従って、やむをえず欠席した場合は、第4実験棟2階の教員室まで来ること。適宜、補講を行う。
第2回及び第3回の実験中は、安全のため作業服及び安全靴(汚れてもよく、かつ、運動のできる服装及び靴)を着用のこと。
レポートの作成ではWordを用いて作成し、発表ではPowerPointを用いて発表を行ってもらう。従って、Word,Excel,PowerPointの使用方法について復習しておくこと。
はじめての実験のため、必ずしも予定通り進行しない。そのため、終了が17時半を過ぎることがある。

tr_lin4.gif 25x478 2.92KB

house ch_a028.gif 12x14 0.38KB オフィスアワー
「教員室」:第4実験棟2階
「曜日・時間」:水曜日1時限目,3時限目
「電子メールアドレス」:*